東海・北陸ブロック

アルコール関連の東海・北陸地区の状況  平成17年10月

  9月8日、9日と金沢で開催された日本アルコール薬物医学会でアルコール・薬物関連問題に関する市民公開講座が開かれ、医療・行政・回復者による講演と 質疑が行なわれたが、参加者の半分以上は自助グループ関係者だった。事前のPRをもっと検討すればよかったと思われた。10月29日(土)30日(日)と 名古屋で日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会大会が開催予定である。

  福井県では県の精神保健福祉センターで月1回福井県立大学の西川京子先生が中心となり連絡会、家族グループなどが開かれている。愛知県ではアル コールに関する看護の集まりが定期的に行なわれている。石川県では11月15日(火)にアルコール依存とアディクション勉強会が開かれる予定である。

                                         ひろメンタルクリニック 奥田 宏

北陸ブロックについて

  富山県では、富山市民病院の精神科が中心になり、富山アルコール関連問題研究会として2ヶ月に1度、ケース検討会やアルコール医療に関する情報提供を行っている。
富山県心の健康センターが主催して平成14年11月29日にアスクヒューマンケアの関口富見江先生が「ASKのアルコール薬物予防プログラム -自分を大切にするってどういうこと」と題して講演され、研修会が開かれた。

 石川県では、有志がアルコール依存とアディクション勉強会を4ヶ月に1度、ケース検討会や自助グループとの交流会を行っている。
平成14年11月1日石川県心の健康センター主催の精神保健福祉研修会で原宿カウンセリングセンターの信田さよ子先生が「アディクションと家族 ~愛情という名の支配~」と題して講演された。
また平成15年3月14日薬物依存研修会があり、福井県立大学の西川京子先生が「薬物依存症者の理解と援助」と題して講演され、研修会が持たれた。

  福井県では、平成15年3月13日に福井県精神保健福祉センター主催で平成13年度薬物依存研修会として垂水病院の麻生克郎先生の「薬物依存の理解と対応」と題する講演会が行われた。

  • 北海道
  • 東北
  • 関東・甲信越
  • 東海・北陸
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州


  • 理事名簿
  • 役員名簿

ページTOP